日本国内のブータン王国大使館について知りたい…

Q:大使館は、どこにありますか。

A:日本国内には、ブータン王国大使館はありません。
インド・ニューデリーにあるブータン王国大使館が日本国を兼轄しています。

  所在地、連絡先などは、次のとおりです。
   Royal Bhutanese Embassy,
   Chandragupta Marg,
   Chanakyapuri,
   New Delhi 110021, India
Phone : +91-11-2688 9230 / 2688 9809 / 2688 9807
Fax : +91-11-2687 6710 / 2467 4664 / 2410 2231

日本国内のブータン王国領事館について知りたい…

Q:領事館は、どこにありますか。

A:東京に名誉総領事館、大阪鹿児島にそれぞれ名誉領事館があります。


Q:名誉総領事館では、ブータンに関する資料などの閲覧や貸し出しを受けることはできますか。

A:総領事館では、ブータンに関する資料の閲覧などの情報提供を行っておりません。
リンク集にある各ウェブサイトをご活用ください。


Q:名誉総領事館や名誉領事館で、ビザの発給はしていますか。

A:名誉総領事館、総領事館では、ビザに関することは取り扱っていません。
ビザについては、インドにあるブータン王国大使館の “Visa for Visiting Bhutan” (英語サイト)をご参照戴くか、tel:+91-11-2688-9807(日本語による対応はありません。)にお尋ねください。
なお、ブータン旅行を手配される際にビザについても、併せて手続きすることが一般的です。

ブータンのことを知りたい…

Q:ブータン王国は、どこにありますか。

A:ブータンは、ヒマラヤ山脈の東端、南西アジアにあり、南はインド、北は中国との間に位置しています。
ぜひ、この機会にブータン王国の位置や大きさ、地形、そして周辺の国々などを知るために、お手元の地図で”ブータン王国”を探して、もっと身近に感じてください。


Q:ブータンのことについて知りたいのですが、何か良い情報源はありますか。

A: まずは、ブータン情報が掲載されている外務省ブータン王国基礎データをご覧ください。
日本国内には、ブータンとの間で国際協力、友好・交流、学術研究などで関わりを持つ組織、団体があります。また、日本国外務省、ブータン王国政府は、web siteを通じて様々な情報を発信しています。当総領事館Web siteでは、それぞれに容易にアクセスが出来るように、リンク集のページを設けてありますので、情報源のひとつとしてご活用ください。


Q:ブータンの代表的な伝統的料理は、どのようなものですか。

A:ブータン料理は、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、最大の特徴の一つは、”辛さ”です。唐辛子(チリ)は、ほとんどのブータン料理に欠かせないものです。
代表的なブータン伝統料理は、唐辛子(ブータンの言葉で、”エマ”)とチーズ(同じく”ダツィ”)を用いた”エマ・ダツィ”と呼ばれているものです。また、小麦粉で作った皮に豚肉、牛肉やチーズ、野菜などの餡を包んだ、一見すると餃子に似ている”モモ”も、レストランで提供されています。
唐辛子は、ブータンでは、香辛料としてだけではなく、野菜サラダなど生野菜の一部として食べることもあります。
ブータンをご旅行された際、辛い食べ物が苦手な方は、食事を手配するときに申し出られれば、旅行者用にマイルドな辛さのブータン料理を提供してくれることもあります。


Q:ブータンでの主食は何ですか。

A:主食は、お米です。赤米や日本米のようなお米を食べます。食事は、一般的には、主食に、肉や野菜を調理したおかずが1品か2品という組み合わせです。また、肉は、豚肉、牛肉、鶏肉が一般的で、干し肉や干し魚を使う料理もあります。


Q:ブータンでは、ブータン料理以外にどのような料理を食べることができますか。

A:例えば、首都ティンプーでは、インド料理、ベトナム料理、タイ料理、中華料理などの様々な国の食事を提供するレストランがあります。ピザ、スパゲティ、ラーメンやハンバーガーをはじめ、日本家庭で一般的によく食べられるような食事を提供するレストランもあります。


Q:ブータンでは、どんなお金が使われていますか。

A:ブータンの通貨単位は、ニュルタム(Ngultrum)です。
1、5、10、20、50、100、500、1000ニュルタムの各紙幣があり、それそれの紙幣には、歴代の国王陛下やブータンの建造物などブータンらしいデザインが描かれています。
補助通貨単位は、チェトラム(Chetrum)です。日常生活では、目にすることはほとんどありません。

ブータンに行きたい…

Q:ブータンを観光で旅行したいのですが、どのように手配すればいいでしょうか。

A:ブータン国内を旅行するためには、原則として、あらかじめブータン国内で旅行を取り扱うエージェントに旅行手配をしてもらい、ビザを取得する必要があります。 ブータン国内で旅行を取り扱うエージェントに手配を行う日本国内の旅行会社もあります。


Q:航空機を利用したブータンへの行き方を教えてください。

A:日本からは、様々なルートがありますが、直行便は今のところありません。よく利用される経由地は、バンコク(タイ)、デリー(インド)などです。
なお、ブータンの空の玄関口は、首都ティンプーの西、パロ国際空港です。現在、”Druk Air”社と”Bhutan Airlines”社の2つのブータンの航空会社が、バンコクやデリーなどの各地とパロ国際空港を結ぶ定期便を運航していますので参考になさってください。

ビザ

Q:ブータンに入国するためには、ビザが必要ですか?

A:一部の国のパスポート所持者*を除き、入国のためには、あらかじめビザを取得することが必要です。詳しくは、ブータンへの旅行を手配する際に旅行会社にご確認ください。

*For Indian passport (or VIC) holders, Bangladeshi nationals and persons from the Maldives may obtain a visa on entry.